2017年11月30日

オススメのクレジットカード


どーも、AXIAです。

「クレジットカード」で検索すると、検索の上位に上がってくるのは、クレジットカードの比較サイトクレジットカード会社の公式サイトが多いのですが、実際どのクレジットカードがオススメなのでしょうか?

クレジットカード

結論から言えば、誰にとってもオススメのクレジットカードというものは存在せず、それは人それぞれ違ってくるでしょう。

クレジットカード自体の「カードを提示することにより、店舗やネットショップなどでの買い物や、サービスに対する支払いの際に、代金を現金で支払わず、口座引き落としで後払いできる」という基本機能は、どのカードも同じです。

そして、ポイント還元率、年会費、基本機能以外の付帯サービス等が各クレジットカードによって異なるわけですが、それらも個々人のクレジットカードを使用する用途(使用する店舗・場所・サービス)によってポイントやマイルの貯めやすさは違ってきますし、基本機能以外の付帯サービスに求めるサービスも人それぞれです。このような理由から、誰にとっても「このカードが一番お得」というクレジットカードは存在しないと考えます。


ところで、日本人のクレジットカードの保有率と平均保有枚数って、どのくらいなのでしょう?

ジェーシービー (JCB) による、2016年度の「クレジットカードに関する総合調査」の結果によれば、クレジットカードの保有率は84.2%、平均保有枚数は3.2枚とのこと。

クレジットカードの平均保有枚数が3.2枚ということですが、事業主などであれば、個人で1〜2枚、事業用・法人用として1枚持つというのは分かりますが、それ以外の大多数を占めるサラリーマン、専業主婦、無職の方、パート・アルバイト、学生さんであれば、メインカードの1枚、用途別、または何かあった時の予備としてサブカードが欲しい人はもう1枚と、個人用に1〜2枚で充分だと思います。

実際、1枚のクレジットカードだけを、1年間使用しても、合計で相当な金額を使わないと、ポイントやマイルは大して貯まらないですよね?

クレジットカード決済中心で、且つ、商品・サービスの購入金額・購入頻度が高いという人を除けば、普通の人がクレジットカードを3枚以上所有して、支払用途や支払場所ごとにカードを使い分けて利用していたら、ポイントやマイルは各カードに分散されるので、なかなか貯まらないです。

例えば、よく利用するチェーン系のスーパーマーケットやデパート・百貨店、家電量販店などのクレジットカードをそれぞれ作ったとして、確かに、それらの店ごとのお得な割引やポイント付与がされるかもしれませんが、それよりも1枚のクレジットカードだけを利用した方が、その1枚のクレジットカードのポイントやマイルが早く貯まるので、結局、その方が、より短期間で特典に交換出来ます。


私自身は、初めて持ったクレジットカードは、社会人になった時に作ったセゾンカードでした。

何故、セゾンカードにしたかというと、当時利用していたのが西武鉄道で、単純にセゾングループのデパートやその他の商業施設を使用する頻度も高かったからです。

1年間使うと、貯まったポイントで、そこそこ良い特典商品と交換できた記憶があります。


2枚目に作ったクレジットカードはJALカードでした。これは、当時、兎に角、出張が多い仕事をしていて、航空券や新幹線のチケットを購入する頻度が高かったからです。

国内出張のみの仕事でしたが、1年の3分の1から多い時は半分ぐらい出張していたのと、その頃は年に最低1回は海外旅行をしていたので、クレジット決済による購入代金と飛行機のフライトマイルで、面白いようにマイルが貯まりましたので、海外出張の多い人などは、積算マイルはかなり凄いことになるでしょう。


ジャルカード



その後、海外で10年以上暮らすことになったので、そのタイミングでセゾンカードの方は解約しました。


そして、つい1年程前に楽天ANAマイレージクラブカードを作りました。このカードを作った理由は、元々クレジットカード機能の無いANAマイレージクラブカードは持っていたのですが、それだと飛行機のフライトマイルでしかマイルが貯まらず、最近は出張や旅行で飛行機に乗る機会が減り、折角貯まったマイルが無駄になってしまいそうだったのと、楽天でネットショッピングするのと、念の為にサブカードがあった方が良いと思ったからです。

それから、楽天ANAマイレージクラブカードは、クレジットカード(楽天カード)、Edy(電子マネー)、Rポイント、ANAマイレージクラブの4つの機能が1枚になっているので、複数のカードを持つ必要が無い点がとても便利です。


楽天カード株式会社 クレジットカード


因みに、私の所持するJALカード(普通カード)は年会費2,160円(税込)が掛かりますが(2017年11月時点)、マイレージを貯めやすいのと、メインのカードとして使っていて、私の場合、大体1年間で特典交換に必要なマイルが貯まるので、年会費は特に負担に感じません。

楽天ANAマイレージクラブカードは、初年度年会費無料、翌年以降は年1回の利用で年会費540円(税込)が無料になります。(2017年11月時点)

私の周りの会社員の友人たちの間では、ANAカードやJALカードの所有率が高いように思います。

実際、カードで貯めたポイントやマイルの使い道を訊くと、ポイントを貯めて商品等に交換するよりも、マイルを貯めて特典航空券に交換している人の方が多いです。

出張に行く機会もなく、旅行も行かないという人であれば、マイレージよりもポイントを貯めて特典に交換したり、自分が最も頻繁に利用する店舗やオンラインストア(例:チェーン系スーパー、百貨店、コンビニ、楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング・Yahooヤフオク!、etc…)での商品値引や付与ポイント倍増などの特典が付いているクレジットカードを選ぶのが宜しいかと思います。


イオンカードセレクト



シェルPontaクレジットカード


楽天カード


Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカード



それから、個人的には、クレジットカードを作る際の国際ブランド(世界中で利用可能な決済機能を提供している会社)は、VISAMastercardをオススメします。

理由は、この2つが2大ブランドだからです。つまり、世界中で加盟店数が多いので、世界中どこでもクレジットカード支払い可能な店やサービスに対して、利用可能である場合が他のブランドよりも多いからです。

例えば、国際ブランドの1つである、American Express(通称: Amex)のクレジットカードの場合ですが、シンガポールでタクシーに乗った際に、私の同乗者がAmexのカードで支払いをしようとしたら、タクシーの運転手から「Amexは使えないので、他のカードで支払って下さい」と言われたことがあります。

ただ、海外に行く機会がほとんど無くて、日本国内での利用がメインなら、JCBも良いブランドだと思います。(理由:国際ブランドでありながら、クレジットカード発行会社でもあり、また、日本企業なので、日本人の利用者にとっては、サービス、サポートの面でメリットがある為。)

しかし、クレジットカードを1枚だけしか持たないのであれば、やはり、その1枚は、他の国際ブランドではなく、VISAMastercardのどちらかのブランドにすることをオススメします。

ウィキペディアのクレジットカードの国際ブランドの項によれば、“2014年3月時点での世界シェアは、Visa 48.5%、MasterCard 31.7%、Union Pay(銀聯)8.9%、Amex 8.2%、JCB 2.5%、Diners 0.2%である”とのことです。

因みに、私のJALカードはMastercard、楽天ANAマイレージクラブカードはVISAです。

海外には10カ国程(北米、ヨーロッパ、東アジア&東南アジア)旅行に行きましたが、旅先のショッピングやレストラン、各種チケット予約などで、クレジットカード払いが出来る場所で、MastercardとVISAが使えなかったところは、私は今まで遭遇したことがありません。


三井住友VISAカード



ここで私が紹介した以外にも、クレジットカードは多くの発行会社から様々な種類のカードが用意されているので、既述のとおり、クレジットカードを作る際は、ご自身がクレジットカードを利用する主な用途等などを考慮した上で、自分に一番合っていると思えるカードを選ぶことがベストな選択となるでしょう。


ブログランキングに参加しています。応援クリックしていただけると嬉しいです。
Σ(´∀`;)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村


おひとりさま ブログランキングへ


posted by AXIA at 18:28| 日常生活&その他